山陽学園がめざす教育

自立、創造、貢献
130年余の伝統と信頼を
“男女共学”教育に発展させ
未来を創造していきます


2020年 4月
130年余の歴史をもつ山陽女子中学校・高等学校は
校名を「山陽学園中学校・高等学校」に変え
男女共学の第1期生を迎えます
男女共同参画社会を生きる皆さんに
山陽学園が大切に受け継いできた
教育理念「愛と奉仕」の精神を
男女問わず培ってほしいと願っています
伝統の女子教育を男女共学教育へと高めていき
多様性が大切な時代をしなやかに生き抜くため
ものごとの本質を見極めて
自立し、新しい価値を創造し、
広く社会に貢献できる
そんな素養と心をもつ生徒を育てたい
と考えています
教育理念
愛と奉仕2
本学が受け継いできたこの理念は、
男女共学においても揺るがず、
すべての生徒のスピリットとして育みます。
教育方針
確かな学力、実践的な英語力、リーダーシップ

◆習熟度に応じた授業、細やかなサポート、自学自習力の育成などにより、学力を伸長します
◆ネイティブ専任教員による実践授業、海外研修など本物に学ぶことで、使える英語力を身につけます
◆体験的な学び、学校行事・部活動などを通し、集団の中で主体性を発揮できる力を養います
育成する生徒像
自立・創造・貢献

◆人や社会との関わりの中で成長し、自ら進路を拓く“自立”した生徒
◆多様な価値観を尊重しながら、ものごとの本質を見極め、課題解決を図る“創造”志向の生徒
◆自他を敬愛する心や優れた国際感覚をもち、広い視野から社会に“貢献”する生徒